Good Wine Life

Recipe
2014.10.21

ピザとは違う!
ナポリ発祥の「ピッツァ マルゲリータ」

日本ではピザとピッツァは同じモノだと思われていますが、本場イタリアのピッツァとアメリカからきたピザでは作り方もスタイルもけっこうちがいます。

 

 

今回は、『気軽に楽しむワインバー 赤坂ni-go』福田シェフに、イタリアワインに合う簡単で本格的なナポリピッツァの作り方をお聞きしました。

 

 

【ピザとピッツァの違い】

ピッツァは本場イタリア流で作ったモノで「生地を楽しむ」ともいわれ具材はシンプル。それに対し、ピザはアメリカナイズされたモノで「トッピングを楽しむ」ともいわれ具材はどっしりしていてけっこう重め。

 

 

~ピッツァ マルゲリータ~

ピッツァの発祥地イタリアのナポリで有名なのがマルゲリータ。生地で使用する素材は「小麦粉 水 酵母 塩」の4種類のみ。トッピングもトマトソースにモッツァレラとバジルをのせたシンプルなモノで地中海式ダイエットにも登場するくらいヘルシーな料理です。

 

 

 

▽プロが教える ”ピッツァ マルゲリータ”▽

【材料】

~生地~

ルスティカ(強力粉でも可)      600g

冷水                         367g

ビール酵母(ドライイーストでも可)   2g

海塩(一般的な塩でも可)       13g

 

~トッピング~

トマトソース

モッツァレラチーズ

グラナパダーノ

バジル

オリーブ油

IMG_1053-001

 

【作り方】

①生地の材料を全て合わせ、15分捏ねる

IMG_1075-001

 

②濡れ布巾をかけ1時間ねかせて発酵させる。

IMG_1095-001

 

③1人前(140g)ずつに分け、更に発酵をさせたモノを手で伸ばす。

IMG_1094-001IMG_1113-001

 

④トマトソースをぬり、モッツァレラ、バジル、グラナをのせオリーブ油をかける。

IMG_1123-001

 

⑤350℃オーブンで10分位焼く

 IMG_1129-001

 

【ポイント】

素材のうまみを味わう為、小麦粉(ルスティカ)、酵母(ビール酵母)、塩(海塩)にはこだわりをいれたいところ。

また、生地をのばすさい麺棒などを使わずにすべて手作業でやりましょう。中心から外へのばし、縁にガスを集めることにより焼いたときに膨れあがり、ナポリピッツァ独特の食感が楽しめます。

 

 

 

【おわりに】

レシピのご紹介をいただいた「赤坂ni-go」では、ご注文が入ってからピッツァ作り(生地のばしから)をやっていますので、みなさんもプロの手さばきを見学に行ってみてはいかがでしょうか?

 

 

【Recipe by】

気軽に楽しむワインバー『赤坂ni-go』

[月~木]17:30~23:30

[金曜日]17:30~Midnight

[土日祝]休み

〒107-0052 東京都港区赤坂3-13-12

千代田線赤坂駅1番出口・徒歩30秒

TEL/FAX 03-3584-1125 http://www.akasaka-nigo.com/

店舗トップ1

 

関連記事

Good Wine Lifeオンラインショップ
Good Wine Bar 赤坂「ni-go」
プロのレシピ募集中!